見てもろくなことがない携帯電話

付き合いだして3年がたった頃、彼氏との仲が険悪になりました。相手の態度が冷たくなり、それに伴い私の彼氏に対する当たりも強くなりました。

これではいけないと思い、態度を改めるとだんだん仲が元に戻りだし仲直りをしようという事になりました。仲直りしたもののなんだか彼の様子がおかしいのです。

携帯を常に持ち歩きお風呂にまで持っていくようになりました。彼氏を信じたいっていう気持ちと、携帯を見てスッキリしたいという気持ちですごく葛藤しました。仕事に集中出来ないくらい気になってしまい、ずっともやもやしていました。こんなにもやもやするぐらいなら終わってしまってもいいから携帯を見てスッキリしようと決心しました。

この時私たちは同棲しており、私が遅番の日はたいてい彼が先に寝ています。なので私が遅番の日に携帯を見ようと決めました。仕事から帰ってくると彼はぐっすり寝ていました。ドキドキして携帯を持つ手が震えました。

何もない事を願いながらメールボックスを開くと職場の女の人とのメールのやりとりがありました。内容はたわいもないものでした。しかし読み進めるうちに明らかに肉体関係があったと分かるメールが出てきました。頭に血がのぼり彼を叩き起こし携帯を見せて問い詰めました。彼は浮気していたことを認め、謝ってきました。最初は別れるつもりでしたが今回だけは許しました。でも次は許しません。浮気調査に使える探偵事務所ランキングを参考にして、いくら使ってでも徹底的に調べてやるつもりです。

私は知らない間に不倫の恋愛をしていた

20代前半の頃、私は社会人になり新しい人間関係に悩んでいた時期がありました。そんな人間関係についての悩みをいつも親身になって聞いてくれていた会社の上司が居たのですが、その人に私は恋心を抱いていました。

その上司は私の教育係でもあり毎日会社では一緒にいる時間が多く、上司の存在を常に意識してしまい、知らず知らずに好きになっていました。上司と恋愛をするなんていけないことと思い、気持を察知されないように取り繕う毎日でした。

ですが、毎日顔を合わせて仕事をしているのですから、私の言葉の端々に上司を異性として意識するような言動があったのでしょう。上司は私の気持ちに少しずつ気が付いているようでした。そしてある夜、上司が私を食事に誘ってきました。緊張する反面嬉しくて堪らなかったです。

そして上司との食事の席で、いつものように仕事の話をしていたのですが、突然上司から逆に思いを告げられました。また嬉しくなり、私は快く上司の気持ちを受け入れて交際をスタートさせました。普段はしないプライベートの話も沢山できて凄く楽しい夜でした。

休日はデートを重ね、楽しい時間を共有しました。ですが、決して上司は私を自分の部屋に招く事はありませんでした。デートも泊まりがけではなく常にその日の夜に解散でした。疑問はありましたが、紳士的な人だったので気を遣ってくれていると思い込んでいました。

衝撃の告白

そして上司と交際をスタートして1年経った頃、私は上司との結婚を意識し始めました。上司は私が結婚の話をすると口数が少なくなり、話をすり替える事が多かった。その時におかしいと思うべきだったと今は思えます。その結婚の話をして1ヶ月程経った頃、上司から実は既婚者であることを告げられました。

頭が真っ白になりました。上司は指輪もしていなかったし、周りの人も彼が既婚者だということを誰も知らなかった。一気に人を信じる事が怖くなり、私は上司とすぐに別れ会社も辞めました。その後も上司からは連絡が毎日来ましたが返事をすることはなく、今に至ります。

約1年半もの間、私は最低な事をしてしまっていました。上司の奥様に対して酷いことをしてしまったと毎日反省しました。精神的に追い込まれ通院することにもなりました。これが不倫の代償なんだと思いました。http://xn--u9j077g9jflwm5lcnv3btv5b.com/によれば、不倫をされた妻は大変な精神的ショックやかなりのお金をかけて浮気調査をすることもわかります。人を不幸にしてはいけません。不倫をすれば罰が当たる。もう二度と不倫の恋愛はしないと心に誓いました。