昔の友人にあうときって

長年あっていない友人に会うときは、緊張してしまうものですよね。かくいう私も先日、小学校以来の友人に会いました。
緊張しながら友人を待っていると、全然知らない人に話しかけられました。「ごめん!まった?全然変わってないね」と普通に話しかけられたので、
ああ、待ち合わせをしていた友人だったのだとわかったのですが、全然わかりませんでした。
昔は色黒でショートカットだったのものが、茶髪のロングにつけまつげに、カラーコンタクトまでしていました。
同じだったのは口元のほくろぐらいです。本音をいえば、あまりの変わりっぷりと、私はギャルギャルしい知人がいなかったので、
どう接していいかわかりませんでした。そんな中、彼女は普通に話しかけてきて随分助かりました。
好きな人に女の子らしい子が好きだと言われてから変わったらしいです。そういう真面目なところは変わってないんだなぁと思い、
少し安心しました。
外見が変わっても、中身が変わらないところもあるし、その逆もあるんだなと学びました。
私はあまり変わってないと言われましたが、変わっているところを少し見せたくなりました。

意外とテレビ好き

今年に入ってから、朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」を見ています。
昨日は、戦争の陰が近づいてきて、長男の甲子園全国大会出場の夢が 砕け散ってしまいました。うちの長男も野球をしていて、テレビの 長男も応援していたので、とても残念で、一緒になって泣きました。 でも、今は自分で仕事をある程度は選べ、また、自分の意志で 続けることができるので、幸せな中にいることを気づかされました。 ところで、テレビの影響で今年に入ってから、ぬか漬けをしています。 母に「きゅうりのぬか漬けはおいしいよ~。」と言われたのがきっかけです。

ぬか漬けを一度も食べたことがないので、ぜひ、一度食べて見たいと 毎日、ぬか床のお世話をしてます。ネットでぬか漬けの方法を調べ、 2週間かけてぬか床に葉野菜から、乳酸菌を移して昨日やっと きゅうりをつけてみました。そして、とうとう念願がかなって キュウリのぬか漬けを食べてみました。そのおいしかったこと、 何と表現したらよいのか、食感はカリカリ食べられるのに、 キュウリの臭みがなく美味でした。今日も漬けたので、 明日は家族にも食卓に出そうと思います。

女子会は中華レストラン♪

私を含めて仲の良い4人組は、去年までは1ヶ月に1回は集まっていたいました。
でも今年はバタバタしていて時間が合わない…
昨日の夜やっと時間が合って、4人で集まることができました☆
お友達の一人の提案で、狭いし小汚いけど(笑)とっても美味しいと評判のある中華レストランに。
店内に入ると、見事に全員中国人!
入ってすぐのディスプレイにはカニなどが生きて入っていて、「おすすめ!」と書かれています。
7時と早い時間でしたが、店内はほぼ満席。

スーツのサラリーマン達がいっぱいで、この女子4人はなんだか浮いてしまいました…
さっそくディスプレイに入っているカニを指さして食べたい!と言うと、
スタッフの男の子手づかみでキッチンに持って行きました。笑
ゆであがったカニはとっても美味しい〜♪

他にも小籠包、春巻き、酢豚、全部一皿300円くらいなので色んな味をみんなでシェア♪
このうち2人は結婚しているので出産や子供の話、
他の2人はまだ結婚していないので婚活の話、
お仕事の種類もバラバラなので、色んな職業の色んな悩みを話して聞いて、
私も普段の不満を話してなんだかスッキリ♪
また早く集まりたいな〜♪って思ってます☆

流行には乗らないで自分らしく

私はよく、周りの出来事に疎いと言われます。

確かに、その通りです。
家ではテレビも見ませんし(そもそもテレビそのものがないので)、
ネット環境はありますが、それも使用頻度は非常に低いです。
スマートフォンもありますが、ニュースサイトのアプリも入れていなければ、
ネット閲覧もあまりしません。
情報雑誌も定期購読しているものはありません。
接点のあるメディアとすれば、毎朝読む新聞とたまに聞くラジオでしょうか。
それで事は足りているので、生活には困らないです。

しかし、ちょっと考えさせられることが一点だけあります。
それは、知らないことが悪いことに思われがちなことでしょうか。
誰でも周りにいるかと思いますが、情報を知りすぎている人。
その情報も幅広いジャンルでしたらまだ許容範囲ですが、
特定の情報だけ詳しい場合は、若干勘弁してもらいたいところです。

私の周りにもそういう人はいます。
そして、必ず私はその人にこう言われます。
「それ、知らないの?」

そう言われてしまうと、知らないことが悪いような気がしてしまいます。
今ではテレビやインターネットなどの情報網が発達しすぎていて、
情報過多になりがちです。
そういう時代だからこそ、私は自分から知るという行為を自重しているのかもしれません。

エイトレンジャー2!

関ジャニ∞の10周年ということで、エイトレンジャー2が公開というのは、ちょっと前にライブでも発表されたけど、その映画のヒロインが発表になりました。前田敦子さん!

Yahooニュースで前田敦子さんが新戦隊物のヒロインというニュースが載っていて、まさか新戦隊物がエイトレンジャーとは思っていなかったので、
全くスルーしていました…が、WSで見てびっくり。

しかし、なぜジャニーズのアイドルの映画のヒロインがアイドルなのか…
わざわざアイドルにアイドルをぶつけなくてもいいのではないかと少し不満なのは私だけでしょうか。
試写会や舞台挨拶はきっとヲタクで溢れかえるのでしょう…
関ジャニ∞だけで十分観客は入るでしょうに、なぜなんでしょう。

何はともあれ、エイトレンジャー2は楽しみすぎます。
前回も単純で何も考えずに観る事ができる内容だったし、小道具とかも細かくて何度観ても新しい発見があったし
大きなスクリーンで関ジャニ∞を観られるのが嬉しかった。

今回も関ジャニ∞らしい面白い映画になるといいなと思います!

家の空気

もうすぐ夫が帰ってくる。
帰宅時間はいつもまちまち。
夕方になると、ドキドキして動悸がしてくる。
子どもにご飯を食べさせ、テーブルの片づけをする。
おもちゃの片づけをする。
部屋中の掃除機をかけて、床を綺麗にする。

外の音に耳を澄ませている。
車の音が聞こえたら、すぐに自分のパソコン携帯を片づけ
趣味の音楽を止めなければならない。

車が停車する音がするとドキッとして、カーテンの隙間から外を見る。
違う、夫じゃない。隣の家の車だ。
ひとまず肩を撫でおろす。

また車の音。
今度こそ夫の車だ。
車のドアを閉める音。
玄関に鍵が刺さり、玄関が開く音。
リビングの扉が開く。
沢山の荷物を肩から下げ、暗い顔で帰ってくる夫。
「おかえりなさい」声をかける。
「・・・」言葉にならないくぐもった声で「ただいま」を伝える夫。

今日は、落ち込んでいるバージョンか、とわかる。
肩を落としながら、背中を丸めてゆっくりと歩く。
荷物を置く音。
大きな溜め息。
また溜め息。

溜め息を聞くと、自分が責められているわけではないのだけど
私まで落ち込んで暗い気持ちになる。
家の空気が一気に暗くなる。
真っ暗な家で、夫に絡まれないことを願いながら就寝時間までを過ごす。