これから30代に突入していく私。

30代に突入するアラサーのつぶやきです。

私の30代のイメージは
「いいおじさん、おばさん」
「大人の男あるいは女になっていく」
といったものでした。

私自身、今年で30歳を迎えるにあたって
「もう私もそんな年齢になったんだなあ」
といった

「もう子供や若者じゃない私になっていく。」
そんな心境です。

もう若者ではないといったイメージは
一般的にもあてはまるかと思います。

人によっては、配偶者や子供もいて、
社会的にも責任あるポジションについている人もいるでしょう。

私はといえば、独身で恋人もいない。
仕事もまだまだ未熟な身です。

これから、仕事も30年以上続いていく。
将来的に結婚や子供、マイホーム・車の購入など
楽しみでもあり、憂鬱に感じたりもします。

周りを見て「俺、なにやってんだろう」
「このままでいいのだろうか」
と漠然と考えたりもします。

ですが、このまま、無駄に鬱屈した気持ちを抱えても仕方ありません。

これからは
「30歳だからこそ出来ること」
「若かったからこそ出来なかったこと」
に挑戦していきたいと思っています。

具体的には、
責任あるポスト目指して、仕事に没頭する
結婚のために貯蓄や婚活をする
といったところでしょうか。

なんにせよ、重ねていく年齢を嘆くのではなく
その瞬間でしか味わえない楽しみをみつけ
素敵に年をとっていきたいものです。

女性研究者であるがゆえに

最近、生物学での大発見をした女性研究者の報道がありました。
マスコミでもかなり大きく取り上げられていましたね。
しかし、成果そのものを報道すればよいものの、
一部マスコミは「なぜそこなのかな?」というところまで大げさに報じていました。
それにはさすがに、彼女の勤務先が「お願い」という形で慎重にするようにありましたが。

確かに、自分の研究成果が実を結び、それが公開されることはいいことだと思います。
本人にとっては、純粋に自分のやってきたことが認められた、それはとてもうれしいことでしょう。
しかし、それとはまったく関係ないところまで報じられると、
研究成果は二の次のような感じまでいたします。

とくに今回は、その大発見をしたのが女性研究者です。
研究者という職業自体、珍しいと思われますし、それが女性でしたら尚更でしょう。
その上、理系ですとますます興味を持たれます。
実際、私の知人で理系研究者は、海外では女性研究者はそれほど珍くはなく、
日本でのあの報道っぷりに疑問を持っていました。
研究者としては、男性・女性問わず、純粋に成果にたどり着いた過程を取り上げてもらいたいのが本音らしいです。

転職するにあたり、次にやりたいと思う事

転職することになりました。
と言っても、おそらく同じ事務系になるとは思いますが。
もうあまり若くないので、事務の仕事は求人が少なくなっているのはわかるのですが、
やりたい仕事と言うのが他に特にないんです。
でもやりたい業界はあるかもしれないとだんだん思ってきました。
それはファッション系です。
販売はもうこの年だし無理かなと思うのですが、
大好きなファッションに携わる仕事ができれば面白いかもと思いました。
大事なのは仕事において、興味のある分野を見つけられたこと、
じゃないかなと思っています。

と言うのも前に転職しようと考えて少し動いた時に、
特に何がやりたかったわけじゃない私は、どこの会社を受けても、
情熱を伝えることが出来ませんでした。
でも好きな分野なら伝えられるし、その情熱が自分自身で理解できれば、
全然違う業界でも「さも興味があるように」演じることが出来る気がしたのです。

私にとって仕事は社会貢献と生活の為であり、
自身の向上や出世やたくさんのお金の為ではありません。
だからこそ、情熱が出せなかったんですよね。
これから転職活動をするにあたって、きっと苦労はすると思うけど、
自己を見つめながら頑張りたいと思います。

小学校の入学説明会のシーズンです。娘が通う予定の小学校の説明会が行われました。自分の子供が小学校にあがるというのはうれしい面もありますが、親としてはうちの子、小学校でちゃんとできるのかなという心配な気持ちもあります。そんなわけで小学校の説明会もなんだか少し緊張した気持ちでのぞみました。

小学校までは歩いて5分ほどなので歩いていきました。会場の体育館は私が着いた時にはもうたくさんで、前の2列のみあいていたので、2列目にすわりました。ちょうど近所の知り合いが隣だったので、小学校入学の準備で気になっていたことを聞いてみたりしました。

説明会が始まると教育方針などの話から具体的な時間割についてや登下校についての注意点などのお話がありました。お話だけで約2時間あったのですが、広い体育館のなかはまるで冷蔵庫の中のような寒さで、ダウンコートを着ていたのですが体の芯から冷えてしまいました。先生のお話の後、学校で必要な学用品や体操服の購入をして家に帰りました。とても長い一日に感じられました。4月の入学までにがんばって入学準備をしたいと思います。