aisiteru のすべての投稿

これから30代に突入していく私。

30代に突入するアラサーのつぶやきです。

私の30代のイメージは
「いいおじさん、おばさん」
「大人の男あるいは女になっていく」
といったものでした。

私自身、今年で30歳を迎えるにあたって
「もう私もそんな年齢になったんだなあ」
といった

「もう子供や若者じゃない私になっていく。」
そんな心境です。

もう若者ではないといったイメージは
一般的にもあてはまるかと思います。

人によっては、配偶者や子供もいて、
社会的にも責任あるポジションについている人もいるでしょう。

私はといえば、独身で恋人もいない。
仕事もまだまだ未熟な身です。

これから、仕事も30年以上続いていく。
将来的に結婚や子供、マイホーム・車の購入など
楽しみでもあり、憂鬱に感じたりもします。

周りを見て「俺、なにやってんだろう」
「このままでいいのだろうか」
と漠然と考えたりもします。

ですが、このまま、無駄に鬱屈した気持ちを抱えても仕方ありません。

これからは
「30歳だからこそ出来ること」
「若かったからこそ出来なかったこと」
に挑戦していきたいと思っています。

具体的には、
責任あるポスト目指して、仕事に没頭する
結婚のために貯蓄や婚活をする
といったところでしょうか。

なんにせよ、重ねていく年齢を嘆くのではなく
その瞬間でしか味わえない楽しみをみつけ
素敵に年をとっていきたいものです。

女性研究者であるがゆえに

最近、生物学での大発見をした女性研究者の報道がありました。
マスコミでもかなり大きく取り上げられていましたね。
しかし、成果そのものを報道すればよいものの、
一部マスコミは「なぜそこなのかな?」というところまで大げさに報じていました。
それにはさすがに、彼女の勤務先が「お願い」という形で慎重にするようにありましたが。

確かに、自分の研究成果が実を結び、それが公開されることはいいことだと思います。
本人にとっては、純粋に自分のやってきたことが認められた、それはとてもうれしいことでしょう。
しかし、それとはまったく関係ないところまで報じられると、
研究成果は二の次のような感じまでいたします。

とくに今回は、その大発見をしたのが女性研究者です。
研究者という職業自体、珍しいと思われますし、それが女性でしたら尚更でしょう。
その上、理系ですとますます興味を持たれます。
実際、私の知人で理系研究者は、海外では女性研究者はそれほど珍くはなく、
日本でのあの報道っぷりに疑問を持っていました。
研究者としては、男性・女性問わず、純粋に成果にたどり着いた過程を取り上げてもらいたいのが本音らしいです。

転職するにあたり、次にやりたいと思う事

転職することになりました。
と言っても、おそらく同じ事務系になるとは思いますが。
もうあまり若くないので、事務の仕事は求人が少なくなっているのはわかるのですが、
やりたい仕事と言うのが他に特にないんです。
でもやりたい業界はあるかもしれないとだんだん思ってきました。
それはファッション系です。
販売はもうこの年だし無理かなと思うのですが、
大好きなファッションに携わる仕事ができれば面白いかもと思いました。
大事なのは仕事において、興味のある分野を見つけられたこと、
じゃないかなと思っています。

と言うのも前に転職しようと考えて少し動いた時に、
特に何がやりたかったわけじゃない私は、どこの会社を受けても、
情熱を伝えることが出来ませんでした。
でも好きな分野なら伝えられるし、その情熱が自分自身で理解できれば、
全然違う業界でも「さも興味があるように」演じることが出来る気がしたのです。

私にとって仕事は社会貢献と生活の為であり、
自身の向上や出世やたくさんのお金の為ではありません。
だからこそ、情熱が出せなかったんですよね。
これから転職活動をするにあたって、きっと苦労はすると思うけど、
自己を見つめながら頑張りたいと思います。

小学校の入学説明会のシーズンです。娘が通う予定の小学校の説明会が行われました。自分の子供が小学校にあがるというのはうれしい面もありますが、親としてはうちの子、小学校でちゃんとできるのかなという心配な気持ちもあります。そんなわけで小学校の説明会もなんだか少し緊張した気持ちでのぞみました。

小学校までは歩いて5分ほどなので歩いていきました。会場の体育館は私が着いた時にはもうたくさんで、前の2列のみあいていたので、2列目にすわりました。ちょうど近所の知り合いが隣だったので、小学校入学の準備で気になっていたことを聞いてみたりしました。

説明会が始まると教育方針などの話から具体的な時間割についてや登下校についての注意点などのお話がありました。お話だけで約2時間あったのですが、広い体育館のなかはまるで冷蔵庫の中のような寒さで、ダウンコートを着ていたのですが体の芯から冷えてしまいました。先生のお話の後、学校で必要な学用品や体操服の購入をして家に帰りました。とても長い一日に感じられました。4月の入学までにがんばって入学準備をしたいと思います。

あれこれ書いてみます。おしゃれっ子。

インフルエンザの調子も少しずつ軌道に乗り、(なんの軌道じゃ。)よくなってきましたが、やはり自宅にずっと閉じこもる日々はキツいですね。どうしようもなく辛いです。

そして仕事や外界で起こってることにだんだん耳を傾けるのが辛くなり、私としたことがプチ欝でした。ましてや、彼氏とも上手くいかなくなる始末です。もう辛いぜ。と思っていましたが本日はかなり回復しています。彼とも元通り。ああ、良かった。と内心ほっとしています。そんな時ふと今日はおしゃれをしてみようかなと思い、可愛い懐かしの服装をしてファッションショーを楽しんでいます。幸せ。ブルーのスカートブルーのニット。

母にはなぜか「地方局のアナみたい」という異名を付けられ、まさかの自宅アナウンサーデビューです。本日の空模様は曇りがちでしょう。よろしければ傘をお持ちください。とかエセ情報を流しておきます。なんせ自宅アナウンサーなのでね。自宅情報です。「本日のメインはイチゴでしょう。」とかね。なんだか母に怒られてしまいそうです。笑

なんと、初めて文学フリーマーケットを応募してみました。どきどきわくわくしています。主に詩や短歌などをグループでフリペーパー風に販売してみようかな。と考えています。とりあえず抽選に当たるかどうかが問題かもしれません。お願いです!
当たりますようにと超願っています。

文フリ自体、行ったことも参加したこともなく、ネットの方々ともそこで初対面になるかもしれないと思うと、どきどきどきどき。心臓バクバクなのです。ですが、とてもよい文章を書く方たちなので文章の方では熱い信頼があります。どうか抽選に当たってくれ!そしてこのプロジェクト成功しますようにと願い、今日も1日これから仕事に行ってまいります。インフルエンザ上がりの久々の仕事&職場なのでこちらもどきどきしています。あーどうなることやら、胃が痛いです。ちゃんと踊れるのか、あ、はい。私は名のしれないダンサーをしていますが、文フリではなくこちらが本業。厳かにしないよう、一生懸命頑張ります

お野菜もらいました♪

私はお肉よりも野菜が大好きなのですが、最近は節約して量を減らしていました。
お野菜高いんですもん…

母がそれを聞いて、畑で育てた野菜を昨日うちに持ってきてくれました。
採れたての葉物野菜が沢山!
今度は使い切れるか不安になってきました…(笑)

でも葉物野菜は火を通すと縮みますから、けっこう早くなくなるかな♪

しばらくは貰ったお野菜を何にでも入れちゃうと思います。
新鮮なうちが美味しいし、たっぷり使えると嬉しいですからね。

お野菜の硬い部分などは、うちのうさちゃんが食べてくれますから、無駄がないです♪

買った物に比べると、穴が空いていたり、虫君も潜んでたりして処理が大変ですが、
それも安全に育てられた証拠!
売られているお野菜とは味が違います。

売られているお野菜はよく洗わないと農薬が心配で…。
でも薬を使わないと大量に育てるのは難しいから、仕方ないんでしょうね。

家庭菜園なら、自分の出来る範囲の畑で好きな野菜を育てられて楽しいです♪
私も夏はトマトを栽培していましたが、自分で育てた物は格別美味しい!
不思議ですね。

また母にお野菜もらえるように、おねだりしてみようかな(笑)
今度畑のお手伝いにも行こうと思います♪

6年目に訪れた冬の洗礼

一人暮らしを始めて6年が経過して初めて体験してしまった。
何を体験したかと言えば、今年の寒い冬が原因で水道が凍結してしまったのだ。
朝起きてトイレへ行き水を流したらちゃんと水が流れたため最初は気がつかなかったが、
台所の蛇口をひねっても全く水が出てこない。

試しに風呂場の蛇口をひねっても何滴か水滴が滴るだけであった。
トイレは流れたのにと思いもう一度トイレの水を流そうと思ったが流れてこなかった。
先ほどの水は貯めてあった水が出てきただけだったのだ。
私は札幌に住んでいるのだが今まで水道凍結を気にするのは長期間家を空けるときだけだった。
夜寝る前に毎日水落としをすることもなかったのだが、それでも水道が凍結することはなかった。
しかし、今年の寒さは一味違ったようだ。

寒さに加え下の階の部屋が空き部屋になってたことも原因だったようだ。
とりあえず解凍しようと部屋を温め水道管にお湯をかけたりしてみたが一向に水が出る気配はない。
1日経てば溶けるかなと楽観的に考えていたが、そう簡単に解けるはずもなく。
次の日、さすがに埒が明かないと諦め業者さんにお願いすることにした。
さすがプロの仕事であった、10分ほどで蛇口から水があふれ出してきた。
水の出た代償は1万8千円でした。
氷点下4度を下回ると水道凍結するおそれがあるということなのでこれからは毎晩水落としをすることを誓いました。

王子ローザンヌ

もうすぐ。かと思っていましたらなんと終っていました。私は奇しくもクラシックバレエをしていますので、今回のローザンヌも気になるところでした。
前回、私はNBAのバレエコンクールに出場しましたが、やはり中学高校の男子の層が物凄く厚い!フィギュアの羽生選手ではありませんがそのような美しい子供達がわんさかいました。かつてあったでしょうか。現在の子供達に驚かされます。あまりにも体格が違いすぎて、おばちゃんは驚きを隠せません。なので今回のローザンヌ。やはり。という感じでした。やはりという感想しか当てはまりません。そして印象のよい子がとても多く、日本人って素敵やなぁと思います。やはりいいですね、ローザンヌ。見ていて若さをいただく。いただきます。という感じ。もう言うことないです。ご馳走様でした。テレビ放映は5月頃なので今からとても楽しみです。わくわくそうですね、王子様系がきちんとファイナルに残っていることを期待です。1位を取った子はバヤデールでしたかね?デジレ王子いて欲しいなぁ。

知りたいことや興味があることについて、それを追及することは誰でもあると思います。
それは女性にしても同じです。
それぞれ異なる分野に興味を持ち、それに対して突き詰めていくことは、誰でもしていることです。

しかし、なぜかその姿勢が珍しがられるような傾向がありそうです。
まずそう思ったのは20代の頃です。
高校の同窓会に参加した時、各自現状報告があるのですが、私が「大学院に行っている。」と言うと、
多くの同級生が「すごい。」とか、「研究者を目指しているの?」と言っていました。
彼らの多くがすでに就職していたということもあったので、
大学院での勉強は珍しいものなのかなの程度でしか考えていませんでした。

そして大学院を修了して、就職した際もそうでした。
もともと物事を突き詰めていくことが好きだった私は、職場でもそうでした。
そして、以前から興味のあった分野をより深めていきたいと思うようになり、
再度大学院入学のため退職しました。
その時も、同僚や知人たちは「そこまでするのはすごい。」と言っていました。

やはりいつになっても、興味のあることを追及していきたいです。

夫婦喧嘩後の愚痴です

最近夫婦喧嘩がたえません。
特に子どもができてからは週に2回くらいは喧嘩。
喧嘩というか、お説教かも。
女は母親になると強くなるってよく聞くけど、男の頼りなさが露呈されるってことじゃないかと思う。
本当に頼りない。
自分の脱いだ靴下を洗濯機に入れるとか、食べた食器を流しに持っていくとか、それくらいいい加減やってくれ!って思う。
子どもができてから夫が急にできなくなったわけではなくて、
父親になったのにこれってどうなの??ってこっちが思ってしまって、余計に腹が立つ。
だから、こっちの勝手だと言われてしまえばそれまでかもしれないけど、我慢なりません。
母親になると、愛情のすべてが子どもに向いてしまうのは当たり前だと思うし、
夫は親としてっていうか大人としてもっとしっかりしてほしいだけなんだけど・・・
子どもがもう一人いるとはよく言ったものです。
どこの家庭でもそうなのかなぁ・・・
悪気のない夫は、こんな怖い奥さんもらったはずじゃなかったのにとか、
昔はかわいかったのになぁとかのんきなことを言っている。
時が流れて状況が変わっていることについていけていない。
じゃあなんで結婚したのさ、子ども作ったのさと言いたいけれど、
ぶっちゃけ望んだのは私なんだなぁ・・・
うまく転がすしかないのかなぁ。。。
頑張ります。トホホ。

土地の食文化は駅ビルにあらわれる

先日大阪に行った時の事です。

帰りの新幹線の時間までに1時間あるので、駅ビルの食堂街に行きました。
一杯ひっかけたいので居酒屋系を探していると、店の入り口のショーケースに「蒲鉾:500円」とあり、1センチ幅の蒲鉾が小皿に5枚盛り付けてありました。
お酒のおつまみにするのでしょうか?

地元広島では、蒲鉾がメニューに載る事はなく珍しいのですが、1切100円の方にビックリしました。高級蒲鉾なのでしょうか、美味しそうです。

見送りの知人に訪ねてみると、大阪は練り物文化で、食卓にはいつも蒲鉾があるのが当たり前なのだそうです。

そう言えば、去年の夏に静岡に行った時には、駅ビルどころか百貨店の地下食品売り場にまで、温かい「おでん」が売っていました。
おでんは冬だけの食べ物ではなく、静岡ではおでん文化なのだそう。

考えてみれば、広島にも食文化がありますよね。

お好み焼き。

駅ビルにはお好み焼き店が沢山ありますし、お酒のお供にもします。
他県では、駅ビルやデパ地下ではあまり見かけません。

毎日の通勤・通学に使われる駅ビルには、生活に密着した物が揃いやすく、その土地の文化をあらわす物になっているのかもしれません。

オムライスはずっと自己流

子供も大人も大好きなオムライス。
久々にオムライスを作りました。

作りながら、そういえばオムライスって作り方を教わった事ないなぁと思いました。
玉子を上手くくるっと巻く方法、それくらいは教わった気がしますが、きちんとしたレシピって教わってない。
煮物など目分量でもこれとこれを入れる、と教わったのですが、オムライスは完全に自己流。
料理本やネットでレシピを調べて作ったりする料理もありますが、それすらした事がありません。

皆さんはオムライスの作り方って教わった事ありますか?
私の場合、母の作ってくれたオムライスを見よう見まねで作っているだけですが、ケチャップで炒めるからかな?同じようなオムライスが出来上がっている気がします。
なんとなくわかるから調べた事がない、でもちゃんとしたオムライスの作り方もあるのかな、と不思議に思いました。
となると、我が家のオムライスは美味しいのか美味しくないのか、どちらなんだろう。
もっとすごいオムライスを作っている人もいるのでしょうか?

今度作る時には、ネットで調べて作ってみようかな。
どれだけ味に違いがあるのか、試してみます。

昔の友人にあうときって

長年あっていない友人に会うときは、緊張してしまうものですよね。かくいう私も先日、小学校以来の友人に会いました。
緊張しながら友人を待っていると、全然知らない人に話しかけられました。「ごめん!まった?全然変わってないね」と普通に話しかけられたので、
ああ、待ち合わせをしていた友人だったのだとわかったのですが、全然わかりませんでした。
昔は色黒でショートカットだったのものが、茶髪のロングにつけまつげに、カラーコンタクトまでしていました。
同じだったのは口元のほくろぐらいです。本音をいえば、あまりの変わりっぷりと、私はギャルギャルしい知人がいなかったので、
どう接していいかわかりませんでした。そんな中、彼女は普通に話しかけてきて随分助かりました。
好きな人に女の子らしい子が好きだと言われてから変わったらしいです。そういう真面目なところは変わってないんだなぁと思い、
少し安心しました。
外見が変わっても、中身が変わらないところもあるし、その逆もあるんだなと学びました。
私はあまり変わってないと言われましたが、変わっているところを少し見せたくなりました。

意外とテレビ好き

今年に入ってから、朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」を見ています。
昨日は、戦争の陰が近づいてきて、長男の甲子園全国大会出場の夢が 砕け散ってしまいました。うちの長男も野球をしていて、テレビの 長男も応援していたので、とても残念で、一緒になって泣きました。 でも、今は自分で仕事をある程度は選べ、また、自分の意志で 続けることができるので、幸せな中にいることを気づかされました。 ところで、テレビの影響で今年に入ってから、ぬか漬けをしています。 母に「きゅうりのぬか漬けはおいしいよ~。」と言われたのがきっかけです。

ぬか漬けを一度も食べたことがないので、ぜひ、一度食べて見たいと 毎日、ぬか床のお世話をしてます。ネットでぬか漬けの方法を調べ、 2週間かけてぬか床に葉野菜から、乳酸菌を移して昨日やっと きゅうりをつけてみました。そして、とうとう念願がかなって キュウリのぬか漬けを食べてみました。そのおいしかったこと、 何と表現したらよいのか、食感はカリカリ食べられるのに、 キュウリの臭みがなく美味でした。今日も漬けたので、 明日は家族にも食卓に出そうと思います。

女子会は中華レストラン♪

私を含めて仲の良い4人組は、去年までは1ヶ月に1回は集まっていたいました。
でも今年はバタバタしていて時間が合わない…
昨日の夜やっと時間が合って、4人で集まることができました☆
お友達の一人の提案で、狭いし小汚いけど(笑)とっても美味しいと評判のある中華レストランに。
店内に入ると、見事に全員中国人!
入ってすぐのディスプレイにはカニなどが生きて入っていて、「おすすめ!」と書かれています。
7時と早い時間でしたが、店内はほぼ満席。

スーツのサラリーマン達がいっぱいで、この女子4人はなんだか浮いてしまいました…
さっそくディスプレイに入っているカニを指さして食べたい!と言うと、
スタッフの男の子手づかみでキッチンに持って行きました。笑
ゆであがったカニはとっても美味しい〜♪

他にも小籠包、春巻き、酢豚、全部一皿300円くらいなので色んな味をみんなでシェア♪
このうち2人は結婚しているので出産や子供の話、
他の2人はまだ結婚していないので婚活の話、
お仕事の種類もバラバラなので、色んな職業の色んな悩みを話して聞いて、
私も普段の不満を話してなんだかスッキリ♪
また早く集まりたいな〜♪って思ってます☆

流行には乗らないで自分らしく

私はよく、周りの出来事に疎いと言われます。

確かに、その通りです。
家ではテレビも見ませんし(そもそもテレビそのものがないので)、
ネット環境はありますが、それも使用頻度は非常に低いです。
スマートフォンもありますが、ニュースサイトのアプリも入れていなければ、
ネット閲覧もあまりしません。
情報雑誌も定期購読しているものはありません。
接点のあるメディアとすれば、毎朝読む新聞とたまに聞くラジオでしょうか。
それで事は足りているので、生活には困らないです。

しかし、ちょっと考えさせられることが一点だけあります。
それは、知らないことが悪いことに思われがちなことでしょうか。
誰でも周りにいるかと思いますが、情報を知りすぎている人。
その情報も幅広いジャンルでしたらまだ許容範囲ですが、
特定の情報だけ詳しい場合は、若干勘弁してもらいたいところです。

私の周りにもそういう人はいます。
そして、必ず私はその人にこう言われます。
「それ、知らないの?」

そう言われてしまうと、知らないことが悪いような気がしてしまいます。
今ではテレビやインターネットなどの情報網が発達しすぎていて、
情報過多になりがちです。
そういう時代だからこそ、私は自分から知るという行為を自重しているのかもしれません。

エイトレンジャー2!

関ジャニ∞の10周年ということで、エイトレンジャー2が公開というのは、ちょっと前にライブでも発表されたけど、その映画のヒロインが発表になりました。前田敦子さん!

Yahooニュースで前田敦子さんが新戦隊物のヒロインというニュースが載っていて、まさか新戦隊物がエイトレンジャーとは思っていなかったので、
全くスルーしていました…が、WSで見てびっくり。

しかし、なぜジャニーズのアイドルの映画のヒロインがアイドルなのか…
わざわざアイドルにアイドルをぶつけなくてもいいのではないかと少し不満なのは私だけでしょうか。
試写会や舞台挨拶はきっとヲタクで溢れかえるのでしょう…
関ジャニ∞だけで十分観客は入るでしょうに、なぜなんでしょう。

何はともあれ、エイトレンジャー2は楽しみすぎます。
前回も単純で何も考えずに観る事ができる内容だったし、小道具とかも細かくて何度観ても新しい発見があったし
大きなスクリーンで関ジャニ∞を観られるのが嬉しかった。

今回も関ジャニ∞らしい面白い映画になるといいなと思います!

家の空気

もうすぐ夫が帰ってくる。
帰宅時間はいつもまちまち。
夕方になると、ドキドキして動悸がしてくる。
子どもにご飯を食べさせ、テーブルの片づけをする。
おもちゃの片づけをする。
部屋中の掃除機をかけて、床を綺麗にする。

外の音に耳を澄ませている。
車の音が聞こえたら、すぐに自分のパソコン携帯を片づけ
趣味の音楽を止めなければならない。

車が停車する音がするとドキッとして、カーテンの隙間から外を見る。
違う、夫じゃない。隣の家の車だ。
ひとまず肩を撫でおろす。

また車の音。
今度こそ夫の車だ。
車のドアを閉める音。
玄関に鍵が刺さり、玄関が開く音。
リビングの扉が開く。
沢山の荷物を肩から下げ、暗い顔で帰ってくる夫。
「おかえりなさい」声をかける。
「・・・」言葉にならないくぐもった声で「ただいま」を伝える夫。

今日は、落ち込んでいるバージョンか、とわかる。
肩を落としながら、背中を丸めてゆっくりと歩く。
荷物を置く音。
大きな溜め息。
また溜め息。

溜め息を聞くと、自分が責められているわけではないのだけど
私まで落ち込んで暗い気持ちになる。
家の空気が一気に暗くなる。
真っ暗な家で、夫に絡まれないことを願いながら就寝時間までを過ごす。