女子会は中華レストラン♪

私を含めて仲の良い4人組は、去年までは1ヶ月に1回は集まっていたいました。
でも今年はバタバタしていて時間が合わない…
昨日の夜やっと時間が合って、4人で集まることができました☆
お友達の一人の提案で、狭いし小汚いけど(笑)とっても美味しいと評判のある中華レストランに。
店内に入ると、見事に全員中国人!
入ってすぐのディスプレイにはカニなどが生きて入っていて、「おすすめ!」と書かれています。
7時と早い時間でしたが、店内はほぼ満席。

スーツのサラリーマン達がいっぱいで、この女子4人はなんだか浮いてしまいました…
さっそくディスプレイに入っているカニを指さして食べたい!と言うと、
スタッフの男の子手づかみでキッチンに持って行きました。笑
ゆであがったカニはとっても美味しい〜♪

他にも小籠包、春巻き、酢豚、全部一皿300円くらいなので色んな味をみんなでシェア♪
このうち2人は結婚しているので出産や子供の話、
他の2人はまだ結婚していないので婚活の話、
お仕事の種類もバラバラなので、色んな職業の色んな悩みを話して聞いて、
私も普段の不満を話してなんだかスッキリ♪
また早く集まりたいな〜♪って思ってます☆

流行には乗らないで自分らしく

私はよく、周りの出来事に疎いと言われます。

確かに、その通りです。
家ではテレビも見ませんし(そもそもテレビそのものがないので)、
ネット環境はありますが、それも使用頻度は非常に低いです。
スマートフォンもありますが、ニュースサイトのアプリも入れていなければ、
ネット閲覧もあまりしません。
情報雑誌も定期購読しているものはありません。
接点のあるメディアとすれば、毎朝読む新聞とたまに聞くラジオでしょうか。
それで事は足りているので、生活には困らないです。

しかし、ちょっと考えさせられることが一点だけあります。
それは、知らないことが悪いことに思われがちなことでしょうか。
誰でも周りにいるかと思いますが、情報を知りすぎている人。
その情報も幅広いジャンルでしたらまだ許容範囲ですが、
特定の情報だけ詳しい場合は、若干勘弁してもらいたいところです。

私の周りにもそういう人はいます。
そして、必ず私はその人にこう言われます。
「それ、知らないの?」

そう言われてしまうと、知らないことが悪いような気がしてしまいます。
今ではテレビやインターネットなどの情報網が発達しすぎていて、
情報過多になりがちです。
そういう時代だからこそ、私は自分から知るという行為を自重しているのかもしれません。